人和会について

長野市指定障がい福祉サービス事業者
各特定非営利活動法人等事業受託事業者

TEL:026-214-1820

ABOUT
人和会について

 「特定非営利活動法人 人和会」の前身である「一般社団法人 人和会」は長野市を主とした地域での障がい福祉に対する支援をより推進するために、平成30年4月に設立されました。同年8月に指定特定相談支援事業所「人和会障がい者相談支援センター」が開所となり、以来、地域の障がい者の皆様が、より自分らしく前向きにしあわせな人生を歩むお手伝いをさせていただいております。
 令和2年4月には、「みずのごとし」が開所。就労継続支援B型と自立訓練(生活訓練)の多機能型として、就労支援と自立支援を開始しました。
 その後、令和2年11月に「特定非営利活動法人 人和会」が設立され、その業務をすべて引き継いで現在に至っております。
 その他に「特定非営利活動法人 長野県相談支援専門員協会」、「特定非営利活動法人 長野県ハンディキャブ連絡会」、「一般社団法人 日本バディケア協会」等各団体の事務局として様々な方面から医療、介護、福祉へのバックアップ支援をおこなっています。


法人理念

特定非営利活動法人 人和会
法人理念
私たちは、障がいの種類や有無に
係わらず、人の幸せを願い、人が
幸せであることを喜びとし、人と
人の和を大切にしながら、法人に
縁ある全ての方の人生が、末永く
幸せなものとなることを目標と
して、事業を実施して参ります。

法人理念について

 特定非営利活動法人 人和会は、その名の通り「人と人の和」を大切にする法人です。ぶつかり合い、摩擦を起こして実現するような世の中よりも、それぞれが相手を思い、お互い様の精神で実現する世の中の方が、きっと楽に生きることができる筈です。それは障がいの有無に関係なく、住みやすい社会だと言えるでしょう。そのためのエビデンスとして、我々の「人のしあわせを願う」という理念があるのです。
 その際、大切なことは人のしあわせを願うあまり、自分のしあわせを忘れてしまわぬことです。福祉の分野ではよくあることなのですが、自己犠牲の上に成り立つしあわせを我々は望んでおりません。先ずは、自分が一番しあわせになること。そこから人和会の役目が始まるのです。


法人のキャラクターについて

 特定非営利活動法人 人和会のキャラクターは『しろくま』です。いつものんきな顔をして皆さんの前でボーッとしていますが、どうやったら人がしあわせになれるかいつも考えている…ふりをして、時々皆さんに気付かれないようにうたた寝しています。
 『しろくま』が背負っている唐草模様の風呂敷には、けっして家財道具などではなく、この世の不幸が詰まっているらしいです。中身を見たことはありませんが。
 『しろくま』は人のしあわせを願いながら、皆さんの知らないところでこの世の不幸を回収して回っているのです。うたた寝するのも許してあげましょう。
 それから、人和会の代表理事が何となく『しろくま』に似ているように見えるのは、多分気のせいです。

画像